考え方

書評「自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-」





参考にしたいですね。

ノート

IT達人が生み出した手書きの整理術


 オンライン上にあふれる無数のカレンダーやToDoリスト(備忘録)作成アプリを試したものの断念してしまった人たちの間で、紙でできた普通のノートにリストを手書きで作成する「ブレット・ジャーナル」が話題を呼んでいる。大掛かりな業務プロジェクトから子どもの活動記録まで、この記録方法は全てのものを一冊のノートに整理する手助けをするのだ。

 ブレット・ジャーナルの愛用者たちは、それを日記、欲しいものリスト、ToDoリストの中間物と位置づけている。派手ではないし、技術が駆使されたものでもないが、そこがポイントなのだ。画面上の操作ではなく何かを書きとめれば、それが人々の頭に残り、整理した感覚が植え付けられるようになる。

 ジャーナルの愛用者らは、自分たちのことを「ブレット・ジャーナリスト」と呼んでいる。ジャーナリストたちはこの整理術のおかげで生産性が改善し、ストレスが減り、よく眠れるようになったと語る。また、それには心に余裕を生み出し、生活をシンプルにする効果もあるという。


記事URL
http://blogos.com/article/190066/


いま、手帳の代わりに、タブレットを使っているけれど、
どうなるのかな。


ファイリング

書類の山がスッキリ!スグできる簡単整理術

書類を捜す時間はロスタイム!


机の上に書類や資料が山積みになってはいませんか。後で見よう、後で整理しようと、ちょっと仮置きしたつもりでも、そのまま放置しているとだんだん積みあがっていきます。いざ必要になって“あの書類はこの辺に置いたつもりだけど…”と、書類の山をアチコチひっくり返したり、探してもなかなか見つからない、なんてことはないでしょうか。これでは、仕事のロスタイムが増えて、能率が下がってしまいます。

そこで、ファイリングの方法と溜まった書類の捨て方を決めると、書類の管理システムができあがります。良いといわれるやり方を色々試した結果、長続きしている方法をご紹介したいと思います。ぜひ、ご参考になさってください。

■用意するのは、クリアファイルとA4封筒

書類を、スペースを取らずに取り出しやすく保管するには、“立てる収納”がお約束です。ここで活躍するのが、A4サイズのクリアファイルと封筒(角型2号)です。100円ショップで購入すると経済的です。机の上に置いてある書類を、案件毎に分けてクリアファイルへ入れていきます。クリアファイルは、厚みのあるパンフレットなどの保管には向かないため、ボリュームのある資料は、A4の封筒に入れていきます。


封筒は、上部を1.5cmほど切り落とすと、ファイルサイズになります。


クリアファイルと封筒には、インデックスを付けて、見出しを見れば一目で書類の中身が分かるようにしておきます。クリアファイルの見出しには、“きれいにはがせるタイプのラベル”を使うと便利です。封筒は、ラベルを貼らずにインデックスを手書きしてもOKです。

コラム

整理整頓しないと“人生で225日”損する…!?

“片付けが出来ない人は寿命が縮む”可能性があること、ご存じでしょうか?

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が整理整頓しない人は寿命が短いのはなぜか?についてお話ししたいと思います。



■人生で「探し物」をしている時間ってどのくらい?


<探し物はなんですか?見つけにくいものですか?かばんの中も机の中も探したけれど見つからないのにまだまだ探す気ですか?それより僕とおどりませんかぁ〜>

井上陽水さんの有名な歌『夢の中へ』です。

人は1日の中で平均10分は探し物をしています。これを換算すると、

・1ヶ月で5時間

・1年で3日

85歳まで生きるとしたら……

・3日×85年=225日

半年くらい探し物で時間を潰している計算ですね。

生まれた直後の赤ちゃんが探し物をしてはいませんが、既に1歳過ぎた頃から「お気に入りのおもちゃがない」と見つからず、泣いていたりします。

片付けられない人は寿命が短くなる計算と言えるかもしれません。

これって勿体ないですよね!



記事URL
http://news.infoseek.co.jp/article/itmama_102375/


耳が痛いですね。
もっと無駄な時間を過ごしているみたいです。

考え方

整理整頓しないと“人生で225日”損する…!?

“片付けが出来ない人は寿命が縮む”可能性があること、ご存じでしょうか?

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が整理整頓しない人は寿命が短いのはなぜか?についてお話ししたいと思います。



■人生で「探し物」をしている時間ってどのくらい?


<探し物はなんですか?見つけにくいものですか?かばんの中も机の中も探したけれど見つからないのにまだまだ探す気ですか?それより僕とおどりませんかぁ〜>

井上陽水さんの有名な歌『夢の中へ』です。

人は1日の中で平均10分は探し物をしています。これを換算すると、

・1ヶ月で5時間

・1年で3日

85歳まで生きるとしたら……

・3日×85年=225日

半年くらい探し物で時間を潰している計算ですね。

生まれた直後の赤ちゃんが探し物をしてはいませんが、既に1歳過ぎた頃から「お気に入りのおもちゃがない」と見つからず、泣いていたりします。

片付けられない人は寿命が短くなる計算と言えるかもしれません。

これって勿体ないですよね!



記事URL
http://news.infoseek.co.jp/article/itmama_102375/


耳が痛いですね。
もっと無駄な時間を過ごしているみたいです。

ノウハウ

片づけられない人必見!東大生が実践する整理整頓術3つ

WooRis 2013年6月15日 08時00分

「部屋が片付けられない!」
こんな悩みをお持ちの方は、意外と多いのではないでしょうか。整理整頓されていない部屋にいると、気分が落ち着かないし、必要な物が見つからなくて慌ててしまうことも。こうなると、生活そのものに支障が出てしまいますね。
部屋の状態は“心の状態”を表しているともいわれます。部屋が乱れた状態だと、頭や心もなんとなくすっきりしないもの。仕事や勉強、恋愛にも悪影響が出てしまいそうです。
「でも、わかっているけど、なかなか片付けられない!」という方のために、今回は『東大生だけが知っている“やる気スイッチ”の魔法』の著者で、東京大学在学中の岡田真波さんに、東大生がやっている、お部屋の整理整頓についてうかがいました。さっそく、頭と心を整えるのが上手な“東大生”が実践する整理整頓術を3つ紹介します。

■1:すべての部屋にゴミ箱を置く
小さなゴミでも置き去りにしてしまうと、そこから部屋の中が散らかり始めてしまうもの。
そうならないために、東大生は、家があまり広くなくとも、家中の全てのスペースに小さめのゴミ箱を置いているそうです。こうしておけば、ちょっとしたゴミが出たときにも、その場ですぐに捨てることができ、家の中をいつも整然と保つことができるのです。

■2:前日のうちに、次の日に着る服のコーディネートを考えておく
会社や学校へ出かける朝、何を着ようかと服選びを始めたものの、コーディネートがうまくいかず、服を出して着たり脱いだり。そのうちに、試した服をクローゼットにしまう時間が無くなってしまい、出しっぱなしで出かけてしまった……。そんな経験はありませんか?
疲れて帰ってきたら、部屋には出しっぱなしの服が散乱……。こんなことが何日か繰り返されると、いつのまにか、部屋は片付かない状態になってしまうのだそうです。
そんな事態にならないように、服のコーディネートは、出かける前日のうちに、お天気などをチェックしながら決めてしまうとのこと。これで部屋を散らかすことなく、お出かけすることができるのです。

■3:物の定位置を決めて、夜には全て戻しておく
物の定位置を決めることは、整理整頓の基本。ついテーブルの上など置きっぱなしにしがちな、リモコンスイッチなどのちょっとしたものでもすべて、しまう場所、置き場所など“定位置”を決めることが重要なのだそうです。
そして、寝る前には必ずその“定位置”に戻します。
こうして夜のうちに部屋を整えておけば、忙しい朝に探し物をすることもなくなり、朝の時間を有効活用することができるのです。…


意外と簡単ですよね。?????


考え方

モノが捨てられない人の思考回路を変える方法!

年末が近づいてくると、そろそろ大掃除前に片づけしなくちゃ…。と、焦り始めますね。モノが捨てられない人にとってはココが難関。家が要らないモノで溢れていたら、片付くはずもありません。どうしたらモノが捨てられるのでしょうか? 


「物が捨てられない人というのは、過去や未来にとらわれてしまい、現在に生きることができていない人なんです。思い出や懐かしさに執着して捨てられない、逆に“いつか使うかもしれない”と、わからない未来にとらわれて物を捨てられない…。その悪循環こそが、どんどん物を増やし、収集がつかなくなっていく原因なのです」
子育て本作家の立石美津子さん。


「物を持っていることには理由がありますね。可愛いから、便利だから、懐かしいから、いつか使うかもしれないから…など。でも、その感覚だけで物の要る・要らないを判断していたら、物は無限に増えていくばかりです。そのときに確実に判断できるのが、“今の自分にとって必要なのか? 価値があるか? ということなんです」

例えば、いつか使うかも…と、以下の物をとっておいていませんか?
・予備のボタン・端切れ
・ほとんど使わないポイントカード
・景品
・紙袋、ひも
・使わない調味料・キッチン用品
・子どもの作った作品  
など

「これらも、いつか役立つかも、使うかもととっておいても、ほとんど使うことないですよね? お子さんの作品も懐かしいと思うだけで、段ボールのなかで眠っていて見返すこともあまりないですね? 洋服、食器などもそうです。例え可愛くても、便利でも、いつか使えそうでも、懐かしくても今の自分にとって使う出番がないもの、価値のない物は必要ないのです。特別な思い入れのある物以外はいさぎよく捨てましょう!」

新たに物を購入するときも同じだという。

「可愛い〜、便利そう〜、と思って買っても、今の自分の家には合わないデザインだったり、一般的には便利だけど、自分のライフスタイルのなかでまったく使わなかったら要りませんよね?例えば和風の家なのに洋風の額縁の絵を見て「綺麗だから」と買ってしまったり・・・料理を凝らないのにキッチン道具を買い揃えたり・・・。

物だとわかりづらい場合は動物に置き換えてみてください。ペットショップで犬や猫を見て可愛いからといって、すぐ飼いますか? お世話できる環境、時間の余裕、餌代の余裕…今の自分の状況を考えて判断しますよね? 衝動飼いしてしまって世話ができなくなったら、動物は大変な目にあうことになります。物も同じです。物を捨てるとき、買うときは常に“現在の自分軸”でよく考える習慣をつけてみてください」

過去や未来考えるあまり、現在の生活が窮屈では本末転倒。“今を大事にすることこそが、素敵な未来につながります”と、立石さんからもメッセージが。ぜひ、今日から実践してみてください!



元記事
http://news.livedoor.com/article/detail/11005674/

コラム

どんどんゴミ箱へ

書類を整理整頓して保管するだけがファイリングではありません。書類を捨てる勇気も必要です。

 フォルダは定期的にチェックして、あまり必要でないと判断した書類や存在さえ忘れていた書類は捨ててしまいましょう。

「後々必要になるかもしれないから・・・」と、捨てることに躊躇していると、必要なものまでファイルの中に埋まりかねません。

すぐに見つけ出せるファイリングを実現させるためには、二ヶ月に一度ほどのスケジュールでフォルダ内の整理整頓を心が けましょう!

捨てないままでいると、いつまでも机の上がいっぱいで・・・
思い切りが大切なのかな?

コラム

片づけられない人必見!

片づけられない人必見!東大生が実践する整理整頓術3つ

1:すべての部屋にゴミ箱を置く

2:前日のうちに、次の日に着る服のコーディネートを考えておく

3:物の定位置を決めて、夜には全て戻しておく

意外と簡単ですよね。

捨てる

片づけられない人必見!

WooRis 2013年6月15日 08時00分

「部屋が片付けられない!」
こんな悩みをお持ちの方は、意外と多いのではないでしょうか。整理整頓されていない部屋にいると、気分が落ち着かないし、必要な物が見つからなくて慌ててしまうことも。こうなると、生活そのものに支障が出てしまいますね。
部屋の状態は“心の状態”を表しているともいわれます。部屋が乱れた状態だと、頭や心もなんとなくすっきりしないもの。仕事や勉強、恋愛にも悪影響が出てしまいそうです。
「でも、わかっているけど、なかなか片付けられない!」という方のために、今回は『東大生だけが知っている“やる気スイッチ”の魔法』の著者で、東京大学在学中の岡田真波さんに、東大生がやっている、お部屋の整理整頓についてうかがいました。さっそく、頭と心を整えるのが上手な“東大生”が実践する整理整頓術を3つ紹介します。

■1:すべての部屋にゴミ箱を置く
小さなゴミでも置き去りにしてしまうと、そこから部屋の中が散らかり始めてしまうもの。
そうならないために、東大生は、家があまり広くなくとも、家中の全てのスペースに小さめのゴミ箱を置いているそうです。こうしておけば、ちょっとしたゴミが出たときにも、その場ですぐに捨てることができ、家の中をいつも整然と保つことができるのです。

■2:前日のうちに、次の日に着る服のコーディネートを考えておく
会社や学校へ出かける朝、何を着ようかと服選びを始めたものの、コーディネートがうまくいかず、服を出して着たり脱いだり。そのうちに、試した服をクローゼットにしまう時間が無くなってしまい、出しっぱなしで出かけてしまった……。そんな経験はありませんか?
疲れて帰ってきたら、部屋には出しっぱなしの服が散乱……。こんなことが何日か繰り返されると、いつのまにか、部屋は片付かない状態になってしまうのだそうです。
そんな事態にならないように、服のコーディネートは、出かける前日のうちに、お天気などをチェックしながら決めてしまうとのこと。これで部屋を散らかすことなく、お出かけすることができるのです。

■3:物の定位置を決めて、夜には全て戻しておく
物の定位置を決めることは、整理整頓の基本。ついテーブルの上など置きっぱなしにしがちな、リモコンスイッチなどのちょっとしたものでもすべて、しまう場所、置き場所など“定位置”を決めることが重要なのだそうです。
そして、寝る前には必ずその“定位置”に戻します。
こうして夜のうちに部屋を整えておけば、忙しい朝に探し物をすることもなくなり、朝の時間を有効活用することができるのです。

続きは
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20130615/Wooris_19061.html

参考になりましたか。
わたしも、片づけられない人です。
参考にします!!!

  1 2  次の10件>>



Powered by Seesaa